シャープ (SHARP): MX-3111F 2011年4月発売

31枚/分の快速コピーが可能な小型複合機

■カラー31枚/分、モノクロ31枚/分 (A4ヨコ) の高速印刷。
■最大用紙サイズ: A3

  • Windows (ウィンドウズ) 対応
  • コピー (複写)
  • ファックス (FAX)
  • 両面印刷
  • 両面対応の原稿自動送り装置 (ADF)
  • ネットワークプリント (印刷)
  • ネットワークスキャン
  • オーバーホール品
  • PC-FAX
  • 7インチ ワイドVGA
  • 省エネルギー型電気製品 (エネルギースター)

メーカー価格 (本体): 1,240,000 円(税別)

6年月払: 3,700~ 円 (税別)

メリット: 事務所の省スペース化を実現

MX-3111Fの強みの1つは、オフィス空間に配慮したクラス最小のコンパクトボディー。
女性の多い事務所でも安心の軽量型、それでいて最大給紙容量は2,300枚。用紙補給の手間も低減します。スリムに設計された本機は、限られた事務所スペースにも設置が可能です。

横幅: 約58.3cm
奥行: 約62.3cm
本体重量: 約74kg

mx-3111f: クラス最小のコンパクトボディー

メリット: 電源を入れた際の高速起動

mx-3111f: ウォームアップ時間は20秒以下

導入されたお客様が驚かれるのは、起動時間の早さです。ウォームアップタイムは約20秒を誇り、よく見られる待機時間の不満を解消。

起動のスムーズな本機は、業務効率や生産性の向上にも有効です。

メリット: 消費電力の削減

消費電力の削減を徹底して追求。原稿読取り部の光源にLEDを採用しているため、従来機に比べ光源の消費電力を約67%削減しています。

そのほか、消費電力の削減に役立つ起動時間学習機能の搭載、新開発ベルト定着方式の採用など、環境テクノロジーが満載です。

TEC値 (1週間の標準消費電力量)

メリット: カラーとモノクロを自動判別

印刷モードの自動判別機能

カラーとモノクロの原稿を混在したままセットした状態でも、自動的にカラーかモノクロかを判別。
ページごとに色を判断してくれるため、原稿ごとにモード切替をする手間が削減できます。

メリット: ペーパーレス化を促進

大量の紙文書を電子データ化することで、オフィスをペーパーレス化し業務効率の改善に役立ちます。
モノクロ50枚/分、カラー50枚/分 (A4ヨコ、200dpi読み取り時) のスピードでスキャニングと1ギガビットイーサネットの高速転送に対応しています。

メリット: 作成した文書をそのままFAX (PC-Fax送信)

パソコンで作成した文書を、ファックス原稿として直接送信できます。
原稿を印刷する必要がないため、出力時間と印刷用紙の削減につながります。

また、移動せずにファックスを送信できるため、業務の効率化も図れます。

PC-FAX

メリット: コピー前に画面で確認可能

出力前に内容を確認可能

読みこんだコピー原稿を画面にイメージ表示できます。画像が切れていないか、両面コピー時の印刷の向きなど、出力前に内容を確認することが可能です。

また、「仕上がり表示」では、ステイプル止めやパンチ穴が正しい位置になっているかを確認することも可能です。

メリット: 写真入りの資料や企画書に実力を発揮

■MycrosトナーHG®2

独自開発「MycrosトナーHG®2」の採用により色の再現域が広がり、ビジネス文書の表現力がアップ。写真入りの資料や企画書、カタログなどの出力に実力を発揮します。

■均一でむらのない再現力

従来よりも粒径が小さい、ESキャリアを採用。グラデーションやハーフトーンを美しく再現します。

写真入りの資料や企画書、カタログにも実力を発揮

メリット: 用紙補給の手間が減らせます

最大給紙容量は2,300枚

標準で650枚、オプション品を装着すれば、最大で2,300枚の用紙をセット可能 (※) 。
用紙補給の手間を低減し、ビジネスのスピードを緩めません。大量プリントが必要なオフィスでも力を発揮します。
※64g/㎡紙使用時。

他にも封筒やタブ紙、はがきやラベル紙など、特殊な用紙を印刷することも可能です。

メリット: 混載原稿に対応

「A3とA4」といった同じ幅で異なる原稿サイズの他に、「A3とB4」のような幅が違う原稿サイズの読み取りもでき、それぞれ読み取った原稿サイズでコピーすることができます。
サイズの混在する会議資料を手早くコピーしたい、手早く配布したい際などに有効です。

メリット: USBメモリーとの連携

本体にUSBメモリーを差しこみ、スキャンしたデータを直接保存。
また、USBメモリーのデータを直接印刷することも可能です。

USBメモリーとの連携

メリット: 文字はくっきりと読みやすく

写真は鮮明に文字は読みやすく再現
■マジカルビュー®Ⅲ

写真や文字などの構成要素から原稿の種別を自動で認識し、適した原稿モードに設定されます。
下地に色の付いた文字なども、不要な下地だけを消去。写真は鮮明に、文字はくっきりと読みやすく再現できます。

■スキャン画像も高画質

スキャナーで読み取る際も原稿の種別を自動で認識、最適な画像処理を行います。
下地に色の付いた原稿の黒文字や色文字もシャープに読み取り、高画質データを多彩に活用できます。

メリット: 押しやすさに配慮したキー形状

操作ボタンは、中央部がくぼんだ形状を採用。
押しやすさを追求した設計により、様々なシチュエーションでの使いやすさを実現しています。

ユニバーサルキーの採用

メリット: 原稿自動送り装置 (ADF)

セットした原稿を自動で送り出して、連続して読みこみを行います。用紙の両面を1度に読みこむことができるため、原稿を1枚ずつセットする必要がありません。

コピーの仕様

最大用紙サイズ A3
ウォームアップタイム 20秒以下
*環境により異なる場合があります。
ファーストコピータイム
*A4ヨコ送りで給紙
フルカラー 7.9秒
モノクロ 5.8秒
コピー速度 (A4ヨコ / B5ヨコ) フルカラー 31枚/分
モノクロ 31枚/分
連続複写枚数 1~999枚
電源 AC100V / 15A (50Hz/60Hz共通)
最大消費電力 最大1.45kW以下 (デスク等オプション含む)
サイズ 幅583×奥行623×高さ834mm
質量 約74kg
機械占有寸法 幅851×奥行623mm (手差しトレイ伸長時)

ファックスの仕様

適用回線 一般加入電話回線 (PSTN) / ファクシミリ通信網 (Fネット) / 自動構内回線 (PBX) / PBダイヤルイン回線 / モデムダイヤルイン回線
通信速度 スーパーG3 33.6kbps
G3 14.4kbps
送信原稿サイズ A3~A5
記録紙サイズ A3~A5

プリンターの仕様

タイプ レーザープリンター
プリント速度 (A4ヨコ / B5ヨコ) フルカラー 31枚/分
モノクロ 31枚/分
解像度 データ処理 600×600dpi
プリント 600×600dpi / 9600dpi相当×600dpi
対応プロトコル TCP/IP、IPX/SPX*、NetBEUI、IPP、EtherTalk*
*オプションとなります。
対応OS OS動作確認情報をご覧ください。

スキャナーの仕様

読み取り解像度 (主走査×副走査) 100×100dpi 200×200dpi 300×300dpi 400×400dpi 600×600dpi (プッシュスキャン)
50~9600dpi*1 (プルスキャン)
原稿読み取り速度 (A4ヨコ) *2 カラー 片面原稿50枚/分
モノクロ 片面原稿50枚/分
インターフェイス 10BASE-T / 100BASE-TX / 1000BASE-T USB2.0 (USBメモリースキャン時)
  • *1‥‥解像度を大きくした際には、読み取り範囲を小さくする必要があります。
  • *2‥‥メイカー標準原稿 (A4サイズ6%原稿) 標準モード、カラー自動判別オフ時。原稿のデータ量により速度は変動します。

ただ今、準備中です。